LOG IN

『ルーシー・フラワーズ』名台詞集

by 五條なつき

皆様こんにちは!

楽劇座の五條なつきです。

私は只今、次回楽劇座公演『外伝!ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~ルーの不思議な大冒険!コードネームは不荷苦離夫似来裸(フニクリフニクラ)!?~』お稽古の真っ最中。

実はこの『ルーシー・フラワーズ』はご好評頂いているシリーズで、過去にも何作も上演している作品なんです。

そしてこの作品、一見ふざけているけれども、実は哲学的な内容が潜んでいたり。

外伝の公演が間近に迫って来たところで過去の公演の台本を見直していたら、面白い台詞がたくさんあったので、今日は過去の公演の名台詞をいくつかご紹介させて頂きたいと思います!

面白い台詞や、大人の事情によりそのままは書けない台詞もたくさんあって(笑)、どの台詞をご紹介しようか、ものすごく迷いながら書いています。

『ルーシー・フラワーズ』ファンの方は「こんな台詞、あったあった!」とか「この台詞好きだった〜」と思い出しながら、そしてまだご存知ない方は「こんな台詞が出て来るなんて、一体どんな舞台なんだろう?」と想像しながらお読み頂ければ嬉しいです。

それでは、どうぞお付き合い下さいませ。

「前髪切りすぎたわけじゃないの、サイドが伸びただけ!」

まずは『ルーシー・フラワーズ』の決め台詞(?)とも言えるこの言葉。

ルーとシー、おかしな髪型の2人の女の子は、毎回クライアントベイベー(お悩み相談のために2人の家を訪れる御伽の国の住人)から「前髪、切り過ぎました?」と質問されるのですが、その度に「サイドが伸びただけ」と応えます。

この台詞には、ルーとシーの性格というか、生き方が集約されている気がしてとても好きな台詞です。

だって、彼女たちにとってこの髪型は前髪を切り過ぎた訳ではなくて、ただサイドが伸びただけなんですよ!

彼女たちの自由さというか、勝手さというか自然さというか…いい意味での子供的な感性が感じられます。

そしてこの言葉をわざわざ歌う『明日もハレルヤ!』も素敵な曲なのに突っ込みどころもあって大好きな楽曲です。

「私の顔に刻まれたこのシワは、自由の象徴なのさ」

『ルーシー・フラワーズ』の世界では、マッチ売りの少女は、今時売れるわけないマッチを大量に持たせて売れなければ折檻する父親に疑問を持ち、ライター売りに転職しています。

そして童話の世界の住人である事をやめる代わりに年を重ねることを選び、今では「マッチ売りのババァ」と呼ばれているのです。

「赤ずきん」である事を放棄した赤ずきんちゃんにマッチ売りのババァが言ったのがこの台詞。

顔のシワは、自由を選んだ自分の勲章。何ともカッコいいババァで、私も密かに憧れています。

「なんかカッコいいわねえ。トランスジェンダー…変・身!とぅっ!!」

こちらはLGBT編での台詞。白雪姫と桃太郎が実は同一人物でLGBTだった!という告白をされた後にルーが言い放ったこの言葉。

一見、ノーテンキで失礼な発言ですが、これはルーがLGBTに対して全く何の偏見もなく、ただの個性だと思って面白がっているからこそ言える言葉だと思います。

現実の社会では最近「多様性を受け入れよう!」という流れがありますが、ルーシーの世界では「みんな同じ人間だし、個性じゃない?あの人面白いわねぇ」ぐらいのユル〜い認識。

ルーシーの前では、総理大臣も有名俳優も犬も猫もLGBTもお姫様も自分も、ある意味みーんな平等なのです。

「ルーは老後の心配とかあるの?」

「ない!」

「よねー!!うふふふふ!」

これこそ理想の世界!という感じで大好きなやりとりです(笑)

ルーシーは今を精一杯遊びながら生きていて、何事も面白がっているうちに何故かみんなの悩みが解決してしまうという不思議なキャラクター。

現実世界でもルーシーのように生きたい、というのが私の密かな目標です。

「ルルタタ ルルタタ 気にしない!」

最後は全てを解決する、おばあちゃんから教えて貰った魔法の呪文をご紹介します。

この呪文を唱えれば、心が病んでしまった(?)八の字眉幸子もいつも元気に!

お客様からも「仕事で辛い時に唱えています」とご報告頂くので、きっと本当に効くんだと思います!

本当はまだまだご紹介したい名言がたくさんあるのですが、長くなってしまうのでまたの機会に。

今度の外伝ではお嫁にいきそびれたシンデレラが登場します。そして何と、猫のベンジャミンも大活躍!

果たしてどんな名言が飛び出すのでしょうか?

【7月27〜31日】新宿ローズセラヴィでの上演となりますので、ぜひ新たなルーシーワールドに遊びにいらして下さいね。

ハッピーラッキー?ブラックユーモアたっぷりの御伽の国でお待ちしております!

公演詳細・チケット予約▼

OTHER SNAPS