LOG IN

細野晴臣デビュー50周年記念展 細野観光に行ってきました

by 五條なつき

先日、六本木ヒルズで開催されている細野晴臣デビュー50周年記念展 細野観光に行ってきました。

細野晴臣さんは、楽劇座の演出家でもある関口純先生の影響もあり、個人的にとても興味がある方なんです。

2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)までの期間にて、細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」を開催します。本展は、「細野晴臣デビュー50周年企画<細野さんに会いに行く>」プロジェクトの一環であり、細野氏のロック・テクノ・ワールドミュージックなど多岐にわたる音楽家としての一面だけでなく、映画やアート・落語・漫画など、多様な関心事を貴重な展示品とともにご紹介します。

戦後日本の音楽シーンに多様な影響を与え続けてきた細野晴臣氏は、今年デビュー50周年を迎えました。氏がこれまで作りだしてきたさまざまなジャンルの音楽は、同時代で氏の音楽を聴いてきた世代に限らず、若年層の感性も揺り動かしており、世代を超えた国民的音楽家として高く評価されています。

本展は、細野晴臣氏のデビュー50年の軌跡を、年代ごとに追った壮大なビジュアル年表や、年代ごとに括った5つの展示構成の中をまるで「観光」するように巡ることができます。それぞれの時代で起きた現象や歴史、そして文化などに氏がどのように直面し、どのような音楽や世界観を描いてきたのか、楽器コレクション、音楽ノート、インタビュー集、ブックコレクションなどの様々な展示品を通して、唯一無二の「細野ワールド」を体験いただけます。

東京シティビューから東京の街を見渡しながら、細野晴臣氏の世界をゆったりと旅してください。

引用元:https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/hosonokanko/index.html

…という事で、景色と共に「細野ワールド」楽しんで来ました!

展示はフォトスポットから始まり…

まるでアジアの観光地のような入り口。

愛用の楽器(おもちゃも楽器だそう!)や年表…

映像や音楽が体感できるスペース。

撮影は禁止でしたが、メモやノート、漫画の数々!

とても不思議で面白い空間でした。

個人的には、神社の御守りの鈴も細野さんには楽器に見えるというエピソードが好き(笑)

私は初心者なのでYMOの印象が強かったのですが、それ以前の活動や、細野ワールドに繋がる蔵書やメモの断片がとても興味深かったです。

来場者の年齢・性別も幅広くて、細野ワールドに世代も性別も関係ないんでしょうね。

展示には過去の発言もたくさんパネルになって飾られていたのですが、私が1番好きだった細野晴臣さんの言葉はこれです。

もう、すごくステキな言葉じゃないですか!(笑)

細野ワールド初心者の私も十分楽しめた『細野観光』。もちろん、大ファンの方はより深く楽しめると思います。

森美術館で開催されていた塩田千春展:魂がふるえるも鑑賞してきたので、そちらについてもまた後ほど書きたいと思います。

OTHER SNAPS