LOG IN

楽劇座10周年記念公演『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた 〜時代はもはや、医療崩壊ならぬ童話崩壊をも生み出すのだ!の巻〜』出演のご案内

by 五條なつき

2020/4/7追記

新型コロナウィルスの影響を考慮し、公演は延期となりました。

前売チケットをお申込み頂いた方には、随時メールにてご案内をお送り致します。

楽しみにして頂いた方には申し訳ないのですが、中止ではなく延期なので、またお会い出来る日を楽しみに頑張りたいと思います。

皆様こんにちは!楽劇座の五條なつきです。

次回出演作品は楽劇座の10周年記念公演!公演の詳細が決定したので、ご案内させて下さい。

★★★

楽劇座10周年記念公演

『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』

〜時代はもはや、医療崩壊ならぬ童話崩壊をも生み出すのだ!の巻〜

【公演日程】4月18~29日

4月18日(土) 13:00
4月19日(日) 13:00
4月22日(水) 19:00
4月24日(金) 19:00
4月25日(土) 12:30
4月26日(日) 13:00
4月29日(水・祝) 13:00

※新型コロナウィルス対策の一環として、各回のお客様人数を10名程度に制限させて頂きます。

※咳・発熱等の症状がある方の入場はお断りする場合がございます。また、咳エチケットを徹底して頂き、可能な限りマスクの着用にご協力をお願い致します。

※追加公演を実施する場合がございます。

※万一、公演中止を余儀なくされた場合は後日振替公演を実施致します。

【作品解説・あらすじ】

そこは世界の中心にして世界の果て・・・緩(ゆる)やかな小さな村?の、これまた小さなお家に住む、おかしな髪型をした2人の女の子。

「前髪切り過ぎた訳じゃないの、サイドが伸びただけ」と言い張る2人は、今日もお気に入りのソファの上で地図を片手に世界を旅する。

シーが不在のある日、ピンクの髪の毛の女の子・ルーはコロナウイルスの影響でお花見すらままならない現状を憂い、お部屋の中で花見を敢行。グーパーイーツの配達員・オカマのケンちゃんに宴会グッズと食料を配達させていると、一人の少女・ヘンゼルが訪ねてくる。

少女はコロナウイルス不況により自己破産に陥った両親から、口減らしの為に妹と一緒に森の奥深くに捨てられたのだ。当然スマホも解約されている為、グーグルマップも使えない。そこで機転のきく少女は自力で自宅に戻る策を考えていたが、途中で妹とはぐれ、ケンちゃんのせいで何故かルーのお家にたどり着いてしまったのだ!

その後、偶然にもルーのお家で再会した姉妹。姉によると妹は“グレてる”のだと言う。

そして姉妹の身の上を聞くルーだったが……。

でもちょっと待って!朝食のタルティーヌをまだ食べてないから。

果たしてルーは崩壊した童話の世界から姉妹を救う事が出来るのか!?

一話完結型の物語なので、初めてご覧になる方もお楽しみ頂けます。

【出演】

五條なつき/大西佐依/大向しんじ/松本華歩/遠藤美唯(ジュエリーキッズプロモーション)

【作・演出・音楽】

関口純

【会場】

新宿Rrose Selavy(シアターローズセラヴィ)

http://www.rrose-selavy.net/about.html

【チケット代金】

<前売(4/16までの期間限定発売)>:一般 4,000円・ペアチケット 7,800円(同日2枚組)

<当日(4/17~各公演の1時間前まで予約可能)>:4,500円

※ご入金確認の都合上、4月17日までに事前決済をお願い致します。決済が17日を過ぎますと、当日券予約扱いとなる場合がございます。

※新型コロナウィルス対策の一環として、本公演はチケットレス公演と致します。受付にてお名前を確認の上、ご入場頂きます。また、万一の際にご連絡がとれますよう、恐れ入りますが「名前・住所・電話番号・メールアドレス」は正確にご入力頂きますようお願い致します。

※前売チケットのお支払い方法はクレジット決済、コンビニ支払い、銀行振込がお選び頂けます。

【チケット購入】

チケットは楽劇座チケットセンターでお求め頂けます!▼

http://www.gakugekiza.com/ticket/ticket.html

【公式サイト】

公演の詳細は公式サイトで随時ご確認頂けます▼

http://www.gakugekiza.com/

★ ★ ★

新型コロナウィルスの影響もあり、不安定な世の中ではありますが、しっかり対策をしながら公演を実施したいと考えておりますので、ご来場頂くお客様もどうぞご協力をお願い致します。万一、公演中止を余儀なくされた場合は、後日追加公演を実施致します。

まさかこんな世界になるなんて、少し前までは考えてもいませんでした。今回のルーの台詞の中にもあるのですが、代わり映えのしない今日が続く保証なんてどこにもないんですよね。

先が見えない時だからこそ、私にとってはこの『ルーシー・フラワーズ』の世の中を笑い飛ばして前に進む物語が救いになっています。

時事ネタを反映するのがルーシーなので、今回はもちろんルーも新型コロナウィルス騒動の渦中にいるのですが、そんな中でも遊んで、笑って、困っているおとぎの国の住人を何故だか救ってしまうルー。

このご時世なので、無理にお誘いすることは出来ないのですが……ルーシーの世界に遊びに来て頂いた方にも、この不謹慎ですらある笑いの裏側に隠された希望を感じて、一緒に笑って頂けたら嬉しいです。

新型コロナウィルス対策のため、いつもと違った形の公演になりますが、どうぞよろしくお願い致します。

OTHER SNAPS